2011年10月30日

『伊藤計劃トリビュート』発行します

11月3日の第十三回文学フリマ(東京流通センター第二展示場)にて、『伊藤計劃トリビュート』を発行します。スペースはE-08「特殊検索群i分遣隊」。

表紙.jpg

一昨年の春に逝去したSF作家、伊藤計劃に捧げる目的で、京大SF研の会員・元会員総勢8名が執筆した短編小説集です。執筆者と作品タイトルは以下の通り。

・里野佐堵
「echo」

・船戸一人(11月5日発売の『NOVA 6』(河出文庫)に作品掲載)
「死者の時制」

・水なづき蕎麦
「量子の海のカルペディエム」

・谷林守
「The Pile of Hope」

・春眠蛙
「猿に始まり狐に終わる――あるアカデミーでの講演から」

・坂永雄一(第1回創元SF短編賞・大森望賞受賞)
「もしオクラホマ州の中年の電気技師が伊藤計劃の『ハーモニー』を読んだら あるいは、忘れた翼」

・clementia
「感情の楽譜」

・伴名練(第17回日本ホラー小説大賞短編賞受賞)
「美亜羽へ贈る拳銃」


頒布価格は800円です。ぜひE-08「特殊検索群i分遣隊」まで足をお運びください。
posted by 蕎麦 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

夏コミ(C80)情報

スペース:三日目/14日(日)の西 や−32 b
「京都大学SF・幻想文学研究会」
です。販売物は一律で一部300円となっております。

新刊
中間子 2011
SF研恒例の中間子シリーズ。今回はSFだけでなく海外文学・ホラーといったジャンルにも手を伸ばした珠玉の一冊となっております。新入生レビューも掲載。



既刊
Workbook95/96 境界線上のSF(上・下)
二分冊でお送りする「境界線上のSF」。上下でテーマを「ライトノベル」「ビジュアルノベル」にそれぞれ統一して販売します。
ライトノベル篇の上巻では、本会が先日開催した京都SFフェスティバル2010の本会企画「ライトノベルとSFの境界」座談録を掲載。 また、合宿企画で開催した「本格ライトノベル大賞」選考会の模様をまとめたレポート、候補作のクロスレビュー、さらには大賞受賞作『アンチ・マジカル』の作者伊藤ヒロ先生へのインタビューも掲載。

下巻のビジュアルノベル篇は同じく本年度の京フェス企画の一つ「SFメディアとしてのビジュアルノベル」対談録を掲載。出演者に伊藤ヒロ、海猫沢めろん、樺薫、鋼屋ジンの四名、司会に前島賢氏を招いてビジュアルノベルとSFの関係について語っていただきました。また、同企画を機に本会の女性会員が主導となって実現した『R.U.R.U.R』プレイ鼎談「女子大生 meets ビジュアルノベル」も同時収録しております。

Workbook90 メフィスト賞・流水大賞全レビュー
中間子 方舟篇
Asterisme XX
posted by KUSFA at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

会員一覧 2011

2011年度版の会員紹介です。
京都大学SF研究会には以下のような人がいます。



続きを読む
posted by KUSFA at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

4月の活動日程

2011年4月の例会日程です。
  8日(金) 4共32 終了
  12日(火) 4共32 ☆新歓読書会 終了
  15日(金) 4共32 終了
  19日(火) 4共32 ☆新歓読書会 終了
  22日(金) 4共32 終了
  26日(火) 4共32 ☆新歓読書会 終了
  四月中の活動は全て終了しました。

例会は毎週火曜/金曜の19時頃開始です。新歓期は会員が18:30頃時計台前でお待ちしております。
もちろん直接教室に来ていただいても構いません。

SF研会員一同、新入生のみなさんをお待ちしております!
posted by KUSFA at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

冬コミ情報

スペース:三日目/31日(金)の東 U02bです


以下、頒布物の紹介。

新刊
Workbook95/96 境界線上のSF(上・下)
二分冊でお送りする「境界線上のSF」。上下でテーマを「ライトノベル」「ビジュアルノベル」にそれぞれ統一して販売します。
ライトノベル篇の上巻では、本会が先日開催した京都SFフェスティバル2010の本会企画「ライトノベルとSFの境界」座談録を掲載。 また、合宿企画で開催した「本格ライトノベル大賞」選考会の模様をまとめたレポート、候補作のクロスレビュー、さらには大賞受賞作『アンチ・マジカル』の作者伊藤ヒロ先生へのインタビューも掲載。

下巻のビジュアルノベル篇は同じく本年度の京フェス企画の一つ「SFメディアとしてのビジュアルノベル」対談録を掲載。出演者に伊藤ヒロ、海猫沢めろん、樺薫、鋼屋ジンの四名、司会に前島賢氏を招いてビジュアルノベルとSFの関係について語っていただきました。また、同企画を機に本会の女性会員が主導となって実現した『R.U.R.U.R』プレイ鼎談「女子大生 meets ビジュアルノベル」も同時収録しております。

Asterisme XX

会員たちの執筆/翻訳した作品四篇を収録した「Asterisme XX」。
原稿用紙120枚の意欲作「平和主義者」や、小学生の狡猾な恋愛模様を奇想で彩った短編「少年の秘密、少女の秘密」などなど力作揃いの四篇を収録しております。

既刊
Workbook94 文学の冒険全レビュー
京フェスで大好評のうちに完売した文学の冒険全レビューを増刷しました。

毎度おなじみの京大SF研全レビューシリーズ。
今年度は日本の出版界の極北を走る出版社「国書刊行会」が発行する叢書シリーズ『文学の冒険』の全レビューをお届けします。
世界中から集められた現代文学の傑作群。今年度のノーベル賞作家バルガス=リョサの作品含めた全六一作のレビューを集めたボリュームたっぷりの一冊となっております。


Workbook90 メフィスト賞・流水大賞全レビュー
中間子 方舟篇

また、名古屋大学SF研究会からの新刊会誌も委託販売しております。
PIT 3号:ゾンビ特集
PIT 4号:このラノ文庫座談会/伊藤潤二特集/今年の国内・海外ベスト5

posted by KUSFA at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする