2014年11月17日

NF2014 告知

2014年度の11月祭では、当サークルは、読書サークル「木曜会」さんとの合同による『木星会』名義で企画出店を行います!
内容は会誌販売、古本市、そして読書会です。
場所・期間・内容の詳細は添付画像にて。

NF告知2014
posted by KUSFA at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

「漫画コンペティション」の開催及び内容について

サークル会員有志による漫画コンペティションが8月3日に開かれました。
企画内容としては、「ひとり5タイトルを上限に漫画を持ち寄り、タイトルが重複したら減点。その上で、持ち寄った漫画をプレゼンする」というもので、一応のルールとして「『一定の古さ』or『一定の冊数orボリューム感』の両方を備えた作品は手に取りづらいので、できるだけ避ける」という決まりが設けられました。
続きを読む
posted by KUSFA at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

てり『サリー&マグナムOF THE GENUS ASPHALT』(講談社BOX)レビュー

こちらでも仰られている通り、講談社BOXの『サリー&マグナムOF THE GENUS ASPHALT』を、作者のてり氏から直々にご献本いただきました。
ご献本の申し出に心から感謝するとともに、レビュー掲載を長く滞らせてしまったこと、深くお詫び申し上げます。
※別会員によるレビューを追記しました(2月13日)

続きを読む
posted by KUSFA at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

文学フリマの委託販売情報

第十二回文学フリマにて、ワセダミステリクラブ様の厚意から当会会誌を委託販売させていただくことになりました(ワセミス様ありがとうございます)!

ワセミス様のスペース:6月12日(日)G-17です

以下、委託会誌の紹介。

新刊
Workbook95/96 境界線上のSF(上・下)
二分冊でお送りする「境界線上のSF」。上下でテーマを「ライトノベル」「ビジュアルノベル」にそれぞれ統一して販売します。
ライトノベル篇の上巻では、本会が先日開催した京都SFフェスティバル2010の本会企画「ライトノベルとSFの境界」座談録を掲載。 また、合宿企画で開催した「本格ライトノベル大賞」選考会の模様をまとめたレポート、候補作のクロスレビュー、さらには大賞受賞作『アンチ・マジカル』の作者伊藤ヒロ先生へのインタビューも掲載。

下巻のビジュアルノベル篇は同じく本年度の京フェス企画の一つ「SFメディアとしてのビジュアルノベル」対談録を掲載。出演者に伊藤ヒロ、海猫沢めろん、樺薫、鋼屋ジンの四名、司会に前島賢氏を招いてビジュアルノベルとSFの関係について語っていただきました。また、同企画を機に本会の女性会員が主導となって実現した『R.U.R.U.R』プレイ鼎談「女子大生 meets ビジュアルノベル」も同時収録しております。

posted by KUSFA at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

C78 夏コミ販売情報

ご報告が遅れましたが、夏コミにて会誌を販売いたします。


スペース:三日目(15日)の西き39a西き21bです
(8/13 01:35 間違えていましたので訂正しました)。

以下、頒布物の紹介。
新刊

Workbook93 ぼくたちのゼロ年代
それは、ぼくたちの青春の時代だった――――
・特集1:死に体のゼロ年代-The Dead is not dead-
ゼロ年代を揺るがしたもの……それはゾンビであった! 
本邦未訳のゾンビアンソロジー"The New Dead"より、ジョン・コナリー「ラザロ」、ジョー・R・ランズデール 「シューティング・プール」の二編を翻訳して掲載。
・特集2:現身のゼロ年代 -触媒から見たゼロ年代-
ループ、母胎回帰、決断主義……様々な構造に満ちあふれていたゼロ年代だが、今回はその構造を引き起こす「触媒」をメインに創作短編を一本掲載「ゆららうつせみゆめうつつ」。
・特集3:本当のゼロ年代―ゼロ年代「評論」―
私たちが忘れているSFの「ゼロ年代」を簡潔かつ明瞭に総括した珠玉の一本「ゼロ年代の臨界点」を掲載。
・年刊日本SF傑作選 ゼロ年代完全版(2000〜2006年)
2007年分以降が発刊されている「年刊日本SF傑作選」の2000年〜2006年分を、某社の現役編集である曽根卓氏が独自に編纂。
・新入会員レビュー
幻想小説文体論、クトゥルフ特集、富士ミス応援文、村上龍等々幅広いジャンルのレビューを新入会員が書き下ろし。


Workbook92 覆面競作2.1(仮)
2009年に行われた会内企画「覆面競作」が再び。ランダムに課されたテーマを元に会員たちが作品を執筆して競い合います。
今回は提出された15作品の中から特に優れた5作品を選出、さらに一部加筆を加えて掲載しました。
編集長のおすすめは、SF研の隠し玉、春眠蛙氏の「桃色シャーべの秘密」。掲載作の中でも突出した味を醸し出しています。

既刊

中間子 方舟篇
・スターリング「ユーザーを中心に」(原題User-Centric)
・スターリング「成長」(原題The Growthing)
・イーガン「マインド・ヴァンパイア」(原題Mind Vampires)
・ゲイマン「代償」(原題The Price)
・ゲイマン「邪神海岸の歩き方」(原題Shoggoth's Old Peculiar)
の計5篇を収録しています。
表紙画像はこちら

Workbook91 物語と工学
京都大学11月祭で頒布したWorkbookです。
・話題の作家、新城カズマ・円城塔両氏による2万字の対談「物語と工学」
・SF初心者に薦める本当に面白い日本SF五選
・第10回日本SF新人賞レビュー
を収録しています。
表紙画像はこちら

Workbook90 メフィスト賞・流水大賞全レビュー
posted by KUSFA at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする