2017年06月01日

新入生の方へ



京大SF・幻想文学研究会とは
京大SF・幻想文学研究会(KUSFA)はいわゆる文芸サークルです。普段は例会で、サークルの活動についての会議を開いたり、本の話をしたりしています。また、創作活動、レビューなども行っており、それらをまとめて会誌を発行しています。
「SF」・「幻想文学」研究会とありますが、SFや幻想文学、ファンタジーだけを読んでいるわけではありません。会員の好きなジャンルは多岐にわたります。単純に「本を読むこと」が好きな人であれば誰でも歓迎します。
例会は毎週火曜と金曜の18時30分より行っています。会費は半期1,500円で、新入生については免除となっております。




新歓読書会・上映会への参加を考えている方へ
新歓読書会・上映会は四、五月に全部で五、六回ほど行います。日程・内容に関しては、「新歓読書会・上映会について」の記事を参考にしてください。
読書会とは、担当者が事前に作成してきたレジュメをもとに、課題作品に対する意見や感想を交換したり、作品を批評したりする集まりです。作品を未読の方も参加できますが、時間中は手持ち無沙汰になってしまうかもしれません。上映会は、基本的には読書会と同じように感想や意見交換を行いますが、対象とするのは会員が選定した映像作品(多くの場合は映画)となります。
読書会の課題作品については、SF研の本棚に何冊かある場合もありますので、例会やメールなどで相談してくださればお貸しすることもできます。気軽にご連絡ください。
読書会ないし上映会はこれといって厳格なものでも崇高なものでもありませんので、新入生の方も二回生以上の方も、興味のある作品がありましたら、どんどん参加してください。




通常例会とは
通常例会とは、毎週火・金曜日に4共の教室などを借りて行なわれるSF研の定期的な会合で、今後の活動予定や各種イベントへの参加などについて話し合う集まりです。
特に決められた議題がない時は、本が好きな人たちの雑談になります。 新歓期は基本的に雑談になりますので、「読書会・上映会に参加するのはハードルが高いけれど、SF研の活動の雰囲気を知りたい」という方は是非お越しください。


読書会・上映会・例会はおおむね20時頃に終わります。終了後、皆で食事に行きますが、読書会・上映会・例会のみ参加して帰るのも自由です。
posted by KUSFA at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新入生向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

2016年度新歓情報

新入生の皆様、ご入学おめでとうございます。
当京都大学SF・幻想文学研究会では、今年も新歓読書会を開催いたします。
以下、読書会及び上映会の日程です。新入生の方へも併せてご覧ください。


4/8(金) 説明会@4共31
4/12(火) 『夏子の冒険』(三島由紀夫)読書会@4共33
4/15(金) 『ガタカ』(1997)上映会@環on
4/19(火) 説明会@4共33
4/22(金) 『王立宇宙軍 オネアミスの翼』(1987)上映会@4共33
4/26(火) 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)上映会@4共33
4/29(金) 通常例会

5/6(金) 説明会
5/10(火) 『クロックワーク・ロケット』(グレッグ・イーガン)読書会
5/13(金) 『夜間飛行』(サン・テグジュペリ)読書会
5/17(火) 『マインド・ゲーム』(2004)上映会
5/20(金) 『グラン・ヴァカンス』(飛浩隆)読書会
5/27(金) 『暴走する正義: 巨匠たちの想像力[管理社会]』(日本SF作家クラブ・編)読書会


●会場について
これらの読書会・上映会は基本的に18:30より4共33教室にて開催します(4/15『ガタカ』上映会のみ環onで行い、開催も18:20からになっております。環on は吉田南キャンパスの人環総人図書館の向いにあります。お間違えないようお願いします)。なお4共33教室は吉田南キャンパスの4号館の3階にあります。

●誘導について
開催場所が分からない方向けに、新歓期は毎回クスノキ前から開催場所まで会員が誘導します。
18時から18時30分の間に、「SF研」の看板を持って立っていますのでお気軽にお声かけください。
例会教室・開催場所に直接来てくださってもかまいません。どうぞふるってご参加ください。


●読書会について
課題の本を読んでからの参加がおすすめですが、読まずに参加しても全く問題ないです(でもネタバレされちゃうかも)。課題本を用意するのが面倒! という方には本をお貸しします。お気軽に下記のアドレスまでメールをください。

ご連絡はこちらに:kusfamail*gmail.com (*→@に変えてください。)







posted by KUSFA at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 新入生向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

5月の予定/新歓情報


1日(金)説明会
8日(金)『火星の人』(アンディ・ウィアー)読書会
12日(火)『イヴの時間』上映会
22日(金)京フェス会議、編集会議
26日(火)『Boy's Surface』(円城塔)読書会
29日(金)「パトロネ」(藤野可織)読書会

●誘導について
開催場所が分からない方向けに、新歓期は毎回クスノキ前から開催場所まで会員が誘導します。
6時から6時30分の間に、「SF研」の看板を持って立っていますのでお気軽にお声かけください。

●読書会について
 説明会に来てなくても、読書会からの参加で全く問題ナシです。課題の本を読んでからの参加がおすすめですが、読まずに参加しても全く問題ないです(でもネタバレされちゃうかも)。

●そのほか新歓情報
 そのうち新歓コンパの日程もアナウンスします。
 京大SF研の新歓は5月で終わりですが、入会はいつでも大歓迎です。お気軽に下記のアドレスまでメールをください。
ご連絡はこちらに:kusfamail*gmail.com (*→@に変えてください。)
posted by KUSFA at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 新入生向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

4月の予定/新歓情報

4月の予定

10日(金)説明会@吉田南4号館33教室(以降4共33と表記)
14日(火)説明会@4共33
17日(金)「時計じかけのオレンジ」上映会@付属図書館3階
21日(火)「インスマスの影」(H.P.ラヴクラフト)読書会@4共33
24日(金)「クラウドアトラス」上映会@4共33
28日(火)「恐怖」「フォア・フォーズの素数」「白の果ての扉」(竹本健治)読書会@4共33

※「インスマスの影」は『ラヴクラフト全集 (1)』(創元推理文庫)収録
 「恐怖」は『閉じ箱』(角川ホラー文庫)収録
 「フォア・フォーズの素数」「白の果ての扉」は『フォア・フォーズの素数』(角川文庫)収録

●誘導について
開催場所が分からない方向けに、新歓期は毎回クスノキ前から開催場所まで会員が誘導します。
6時から6時30分の間に、「SF研」の看板を持って立っていますのでお気軽にお声かけください。

●読書会について
 課題の本を読んでからの参加がおすすめですが、読まずに参加しても全く問題ないです(でもネタバレされちゃうかも)。課題本を用意するのが面倒! という方には本をお貸しします。特に28日の読書会で扱う短編が収録されている短篇集は絶版になっているので、会員から借りちゃったほうが楽だと思います。お気軽に下記のアドレスまでメールをください。
ご連絡はこちらに:kusfamail*gmail.com (*→@に変えてください。)


●5月の予定について
 京大SF研は5月も新歓を行います。詳細は後日また連絡しますが、『火星の人』(アンディ・ウィアー)や「パトロネ」(藤野可織)の読書会、『イヴの時間』上映会などを企画しています。そちらもご参加ください!

posted by KUSFA at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 新入生向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

5月の新歓読書会・上映会のお知らせ

9(金)グレッグ・イーガン『白熱光』(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)4共33
読書会

遠い未来、天の川銀河のほぼ全域が探検し尽くされてしまった時代。融合世界のラケシュは、ラールと名乗る謎の使者に出会い、孤高世界で発見されたというDNAに満ちたメテオを見せられる。孤高世界は銀河系中心のバルジにあって、150万年もの間、融合世界との意思疎通を拒絶してきた。ラケシュは孤高世界の生命を見つけることを自らの使命と感じ、友人パランザムとともにバルジへ向かう。
〈白熱光〉からの光と風に満ちた〈スプリンター〉。その農場で働いていたロイは、奇妙な老人ザックに出会う。ザックから提案されるままに、ロイは〈スプリンター〉各地での重さの計測を始めた。それは壮大な発見の過程の始まり、そして〈スプリンター〉をめぐる危機の始まりだった。
孤高世界の正体とは?ロイは何を発見したのか?そして二つの物語はどのようにして結びつくのか?ハードSFの極北と名高いグレッグ・イーガンの邦訳最新作。



13(火)『パシフィック・リム』(2013)4共33
上映会

2013年8月10日、サンフランシスコに太平洋の海溝から突如正体不明の巨大生物が出現し、世界中の都市を襲撃し始める。「怪獣」と呼称されたその生物たちに通常兵器では全く歯が立たず、人類は滅亡の危機に立たされる。人類は最終兵器として巨大ロボット「イェーガー」を開発、イェーガーの活躍により最初こそ人類優勢に持ち込んだが、海底からは更に強力な怪獣が次々と現れ…。昨年度公開されるや否や、特撮ファンの域を超えて広く様々なフリークにヒットした。監督は『ヘルボーイ』、『ブレイド2』、『パンズ・ラビリンス』等で脚光を浴びたギレルモ・デル・トロ。



20(火)長谷敏司「allo,toi,toi」(ハヤカワ文庫JA『My humanity』,創元SF文庫『結晶銀河 年間日本SF傑作選』)4共33
読書会

「【今さら、好きになるななんて言うな】」
わたしたちが日々受け取る情報は、美しい「子ども」のイメージで満ちあふれている。バラエティで、アニメで、CMで、ゲームで、あるいは映画で。そこには無数の「子ども」のイメージがあって、そしてそのどれもが健康的な輝きに満ちている。一方でわたしたちの社会には、「子ども」にたいして欲望の眼差しを向ける多くの人々がいて、そのような人々にたいして嫌悪の眼差しを向けるまた多くの人々がいる。向こう側にはどこまでもイメージがあるだけで、こちら側にはどこまでも人間がいるのみである。
主人公・チャップマンは終身刑の判決を受けた囚人だ。彼は八歳の少女に対する強姦致死の罪で刑務所に送られ、いまは日常的に他の囚人から激しい暴力を加えられている。ある日彼は性犯罪者矯正プログラムの一環として疑似神経制御言語ITPを脳内に埋め込まれた。その日チャップマンは輝かしい少女の像をITPによって幻視する。やがて彼女の存在はチャップマン自身の醜悪な欲望のすがたを暴き出し、さらには彼に向けられる眼差しの中に潜むグロテスクな構造をも炙り出してゆく……。
長谷敏司は2001年に第六回角川スニーカー大賞金賞を受賞してデビュー。代表作に『円環少女』シリーズ、『あなたのための物語』、『BEATLESS』。緻密な思索と確かなストーリーテリングで支持を集める。本読書会では、長谷敏司の代表的短編である本作を、できるだけ忠実・丁寧に解説します。



30(金)ポール・オースター『ガラスの街』(新潮文庫)4共33
読書会

「ニューヨークは尽きることのない空間、無限の歩みから成る一個の迷路だった」
ミステリー作家ダニエル・クインは、突然かかった間違い電話をきっかけに、名前を偽り探偵として依頼を受ける。それは依頼人であるスティルマン夫妻の夫ピーターの父親、人間の堕落に関する自身の妄執的な学説に囚われた父親から、ピーターを護ってほしいというものだった――。クインを翻弄するのは理不尽なまでのナンセンスな偶然か、あるいは明確な恣意か。事態が進行するうちに、クインは自己を喪失しながら探偵稼業にのめり込んでいく。現実と虚構が錯綜し、それは我々読者にとっての現実と物語の認識をも揺るがし始める。
本書『ガラスの街』は現代アメリカ文学の巨頭ポール・オースターの第一長編であり、「ニューヨーク三部作」と称される初期三作の第一作。後に続くオースター作品群に通じるエッセンスを含め、オースター作品の魅力もご紹介。


これらの読書会・上映会は基本的に6:30より4共33にて開催します。なお4共33教室は吉田南キャンパスの4号館の3階にあります。

今年も18時〜18時半頃、中央キャンパス・クスノキ前で看板持ちを予定しています。
会員が例会教室・開催場所まで案内いたしますので、新入生の方はクスノキ前でお待ちください。
例会教室・開催場所に直接来てくださってもかまいません。どうぞふるってご参加ください。






posted by KUSFA at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 新入生向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする