2018年12月02日

2018冬コミ(C95)情報

当サークルは今年度も冬コミに出店します。

スペースは


3日目(12/31 月曜日)の東K-26b


サークル名は「京都大学SF・幻想文学研究会」です。会場では新刊「WORKBOOK111」および「中間子2018」に加え、既刊の販売も予定しています。以下、頒布物の紹介です。



○新刊 WORKBOOK 111

WB表紙.png

今回は「京フェス2018特集となります。内容は以下の通りです。


・京フェスレポート

京フェス2018の内容をレポート。

そもそも「京フェス」とはどういったものかという紹介から、今年度の各本会企画の内容まで、京フェスを知らない方にも楽しめる内容となっています。

こちらはブログにて先行公開していますので、是非お読みください。(京フェス2018レポート - 京大SF・幻想文学研究会ブログ


・対談「電子書籍で何ができるか−−出版の新しい形を探る」書き起こし

京フェス2018本会で行われた、西崎憲・藤井太洋・大前粟生による対談を書き起こし。

電子書籍の持つ特異性や可能性、そしてより広くこれからの出版に関して、電子書籍の最前線をはしる三氏の貴重な対談を収録しています。


・登壇者最新作レビュー

藤井太洋・大前粟生・飛浩隆・酉島伝法・小川一水の最新作をレビュー。

レビュー対象作品は、

藤井太洋『おうむの夢と操り人形』/大前粟生『回転草』/飛浩隆『零號琴』/酉島伝法「彼」/小川一水『アリスマ王の愛した魔物』

となっています。


B5中綴じ・32ページ・300円



○新刊 中間子 2018
中間子表紙.png
会員翻訳の海外未訳短編を掲載。

B5中綴じ・28ページ・200円


○既刊 WORKBOOK 110 その他

bakamisu.jpg

「バカミス・バカSF」特集号。会員によるバカミス・バカSFレビュー、および恒例の新入生レビューを掲載。


B5中綴じ・48ページ・300



その他の既刊も可能な限り持っていく予定です。



posted by KUSFA at 20:28| Comment(0) | INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。