2008年07月15日

京大SF幻文研フェア

7月14日より京大生協ルネブックセンターにて、「京大SF幻文研フェア」が開催されています。
普段売られていない本なども特別に大量入荷されているので、ぜひこの機会にお買い求めください。
しかも今回、「夏の文庫・新書祭り」(こちらは18日まで)とばっちり日程がかぶっているので、3冊以上同時のお買い上げで怒濤の15%オフです。
これで10冊は買えますね。これは見逃せませんね。そうだ生協へ行こう。

以下、作品リスト。

『自由の牢獄』ミヒャエル・エンデ
『祈りの海』グレッグ・イーガン
『幼年期の終わり』アーサー・C・クラーク
『世界の中心で愛を叫んだけもの』ハーラン・エリスン
『たったひとつの冴えたやりかた』ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
『神を見た犬』ディーノ・ブツァーティ
『予告された殺人の記録』G.ガルシア=マルケス
『パプリカ』筒井康隆
『デカルトの密室』瀬名秀明
『傀儡后』牧野修
『零式』海猫沢めろん
『シュレディンガーのチョコパフェ』山本弘
『ハローサマー、グッドバイ』マイクル・コーニイ
『西城秀樹のおかげです』森奈津子
『ばいばい、アース1〜4』冲方丁
『時砂の王』小川一水
『グラン・ヴァカンス』飛浩隆
『四畳半神話体系』森見登美彦
『密室・殺人』小林泰三
『猫とともに去りぬ』ジャンニ・ロダーリ
『きみにしか聞こえない』乙一
posted by 蕎麦 at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック