2008年07月06日

7月5日同志社大学SF研見学記

以前から出ていた同志社大学SF研を見学させていただく話が、この土曜に実行に移されました。参加者は魚さん、とばさん、狂乱さん、里々さん、蕎麦さん、そして私の6名でした。本当はもう一人行く予定だったのですが、その人は肉欲に負けて欠席されました。

三々五々会長の家に集合して1時半すぎに出発し、ミスドを経由して同志社に向かう。先に待っていてくださったとばさんを危うくスルーしかける、「黒いタンクトップの人が迎えに来る」という1通のメールから会員の妄想が次々と飛び出すなどありましたが、無事集合できました。

まずは今回の見学の目的である、他大学のSF研の活動内容についてお聞きしたり、中間子やworkbook(中二病棟と世界SF盗作選)などを見ていただいたり、BOXも見学させていただいたりしました。ここまでは比較的真面目に交流していた気がします。

その後なんというか乱痴気騒ぎがあったのですが、書いていいことなのかよく分からないので伏せておきます。大変お騒がせしました。今後は自重します。

30分ほどして会員が理性を取り戻した後は、OBの方から読書会の話など貴重なお話を聞かせていただきました。5時半過ぎくらいに近くのタイ料理屋に移動してご飯を食べつつ翻訳について話したりしたあと、7時をかなり回ったところで解散のはこびとなりました。

同志社大学SF研の皆様、本日はお忙しいところお時間をいただき、ありがとうございました。
posted by 水兎 at 12:52| Comment(1) | TrackBack(0) | その他活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
補足とか。
欠席になったのはN君で、肉好きの人は最初から河川敷公園中の宴会を荒らしまわるつもりだったそうですよ。


あちらのOBの方に、こちらに遊びにきたこともあり、アンシブル読書会とかにも参加してらっしゃる人がお一人いらっしゃったお陰で大分やりやすかったですね。京フェスにも何度も来ていただいてるそうです。
同志社SF研究会のみなさんとOBさん、本当にありがとうございました。呆れずお付き合いを持っていただけると嬉しいです。合同読書会とかもできればいいですね。DAICONにも何名か参加されるようなので、またそこでもお会いしましょう、と。
Posted by 魚 at 2008年07月07日 00:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102262592
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック