2008年07月04日

7月1日「幼年期の終り」読書会

担当者は二回生のS田君で、たしかこれが初でした。予習として別の読書会にも参加したそうです。

ハヤカワから出ているのが「幼年期の終り」、光文社の古典新訳文庫が「幼年期の終わり」。実質的な差異はほとんどありませんが、レジュメタイトルは「幼年期の終り」、でも登場人物紹介では光文社版の人名が採用されていたり、読んだ人もほとんどは光文社版だったり。まあその差異については解説などでまとめてあるので、深く突っ込まず確認したくらいでした。

さていつまでも未UPのまま置いておくのもなんなので、メモっておいた雑談ネタで埋めて上げます。マトモな補足はどなたかにお願いしたい(魚)

・まずよみやすい。
・今なら長編三部作になってたに違いない。しかも三分の二はテロとの戦い。
・第二部はなんかつまらない。未来予測の羅列だから?
・むしろ、おもしろいエピソードは二部以外だった気がしてくる。

・オーバーロードだけ何故進化できないのか。魂の実在とかか。
・人類家畜化テーマとの関連。
・オーバーマインドは何をしたいのか。
・オーバーロードも何がしたいのか。
・地球生まれのオーバーマインドが、オーバーマインドひしめく宇宙で頂点を目指すピカレスク(長編三部作)。
・「驚きの効果、50年でみるみるオーバーマインドに!」
・長門とオーバーロード。

・アニメの発展についての慧眼。
・経口避妊薬と遺伝的な親の特定法は現実にもあるけど、セックスがらみのごたごたはなくなっていない。

・日本のSF作家はラストを真似しすぎではないか。
 ⇒そんなに真似だらけでもないかと。
・ステープルドンやウェルズなど先行作品との比較。
・先行短編「守護天使」との比較(短編バージョンのほうが面白いという意見アリ)。
・宗教とのかかわり。
posted by トマ村 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック