2017年08月11日

2017夏コミ(C92)情報

当サークルは今年度も夏コミに出店します。
スペースは3日目(8/13、日曜日)の東O-03a、サークル名は「京都大学SF・幻想文学研究会」です。会場では新刊に加え既刊の販売も予定しています。以下、頒布物の紹介です。


☆新刊 WORKBOOK108
WB108表紙.jpg
特集は「SF映画の原作を読む」。内容は以下の通りです。

・SF映画の原作レビュー
KUSFA会員による映画化された作品のレビュー。
レビュー対象作は、
スタニスワフ・レム『ソラリス』/フィリップ・K・ディック『マイノリティ・リポート』/レイ・ブラッドベリ『霧笛』/アイザック・アシモフ『われはロボット』/アントニー・バージェス『時計じかけのオレンジ』/クリストファー・プリースト『奇術師』/筒井康隆『パプリカ』
など、計34作品。

・映画『メッセージ』公開記念座談会
テッド・チャンの傑作「あなたの人生の物語」の映画化作品『メッセージ』が日本でも5月19日に公開されました。そこで、アカデミー賞にもノミネートされたこの映画について会内で語り合う回を開催。その模様を書き起こしました。ストーリーの変更点から監督であるドゥ二・ヴィルヌーヴの演出意図まで、徹底的に語り尽くしたディープな座談会になっています。

・新入生レビュー
毎年恒例の企画、新入生による自分の好きなものレビュー。
文学、アニメ、映画、漫画、映画監督論など、新入生6名が大いに語っています

B5中綴じ・68ページ・400円


☆既刊 WORKBOOK107
WB107表紙.png
「音楽SF アンソロジーを組む」「音楽SF長編レビュー」「アニメの音楽SF、主に『マクロス』について」「音楽SF創作短編」などの記事を掲載。
B5無線綴じ・82ページ・600円


☆既刊 中間子2016
中間子表紙案.png

会員翻訳の海外短編を3編掲載。
B5中綴じ、200円

その他の既刊も可能な限り持って行きます。
posted by KUSFA at 22:45| Comment(0) | INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

2017年7月の活動予定

以下の活動を予定しています。

      1
2
3
4
例会
56
7
『紙の動物園』読書会
8
910
11
通常例会
1213
14
『高丘親王航海記』読書会
15
1617
18
例会
1920
21
例会
22
2324
25
2627
28
『人狼 JIN-ROH』上映会
29 
3031     

7月の予定
4火 例会
7金 ケン・リュウ『紙の動物園』読書会
11火 全出例会
14金 澁澤龍彦『高丘親王航海記』読書会
18火 通常例会
21金 通常例会
28金 押井守原作・沖浦啓之監督『人狼 JIN-ROH』上映会

※すべて18:30開始を予定しています。
※会場は4共33を予定しています。
※予定は変更、追加される可能性があります。
posted by KUSFA at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 通常例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

新歓予定のお知らせ

新入生の皆様、ご入学おめでとうございます。
当京都大学SF・幻想文学研究会では、今年も新歓読書会を開催いたします。
以下、新歓の日程です。新入生の方へも併せてご覧ください。

4/7(金)    説明会
4/10(月)  上映会 押井守『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995)
4/18(火)  上映会 庵野秀明『シン・ゴジラ』(2016)
4/21(金)  読書会 テッド・チャン『あなたの人生の物語
4/25(火)  説明会
4/28(金)  読書会 筒井康隆『虚航船団』(読書補助用の要約など
5/2(火)  説明会
5/9(火)  読書会 アーシュラ・K・ル・グィン「オメラスから歩み去る人々」(『風の十二方位』所収)
5/12(金)  上映会 ピーター・ウィアー『トゥルーマン・ショー
5/19(金)  上映会 グレゴリー・ホブリット「オーロラの彼方へ
5/23(火)  読書会 アントニオ・タブッキ『供述によるとペレイラは…
5/30(火)  読書会 ウィリアム・ギブスン『ニューロマンサー


●会場について

 お花見を除き、18:30より4共33教室にて開催します。(お花見についてはこちらをご覧ください)
 なお、4共33教室は吉田南キャンパスの4号館の3階にあります。


●誘導について

 開催場所が分からない方向けに、新歓期は毎回クスノキ前から開催場所まで会員が誘導します。
 18時から18時30分の間に、「SF研」の看板を持って立っていますのでお気軽にお声かけください。
 例会教室・開催場所に直接来てくださってもかまいません。どうぞふるってご参加ください。


●読書会について

 課題の本を読んでからの参加がおすすめですが、読まずに参加しても全く問題ないです(でもネタバレされちゃうかも)。課題本を用意するのが面倒! という方には本をお貸しします。お気軽に下記のアドレスまでメールをください。

 ご連絡はこちらに:kusfamail*gmail.com (*→@に変えてください。)

posted by KUSFA at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

新入生の方へ



京大SF・幻想文学研究会とは
京大SF・幻想文学研究会(KUSFA)はいわゆる文芸サークルです。普段は例会で、サークルの活動についての会議を開いたり、本の話をしたりしています。また、創作活動、レビューなども行っており、それらをまとめて会誌を発行しています。
「SF」・「幻想文学」研究会とありますが、SFや幻想文学、ファンタジーだけを読んでいるわけではありません。会員の好きなジャンルは多岐にわたります。単純に「本を読むこと」が好きな人であれば誰でも歓迎します。
例会は毎週火曜と金曜の18時30分より行っています。会費は半期1,500円で、新入生については免除となっております。




新歓読書会・上映会への参加を考えている方へ
新歓読書会・上映会は四、五月に全部で五、六回ほど行います。日程・内容に関しては、「新歓読書会・上映会について」の記事を参考にしてください。
読書会とは、担当者が事前に作成してきたレジュメをもとに、課題作品に対する意見や感想を交換したり、作品を批評したりする集まりです。作品を未読の方も参加できますが、時間中は手持ち無沙汰になってしまうかもしれません。上映会は、基本的には読書会と同じように感想や意見交換を行いますが、対象とするのは会員が選定した映像作品(多くの場合は映画)となります。
読書会の課題作品については、SF研の本棚に何冊かある場合もありますので、例会やメールなどで相談してくださればお貸しすることもできます。気軽にご連絡ください。
読書会ないし上映会はこれといって厳格なものでも崇高なものでもありませんので、新入生の方も二回生以上の方も、興味のある作品がありましたら、どんどん参加してください。




通常例会とは
通常例会とは、毎週火・金曜日に4共の教室などを借りて行なわれるSF研の定期的な会合で、今後の活動予定や各種イベントへの参加などについて話し合う集まりです。
特に決められた議題がない時は、本が好きな人たちの雑談になります。 新歓期は基本的に雑談になりますので、「読書会・上映会に参加するのはハードルが高いけれど、SF研の活動の雰囲気を知りたい」という方は是非お越しください。


読書会・上映会・例会はおおむね20時頃に終わります。終了後、皆で食事に行きますが、読書会・上映会・例会のみ参加して帰るのも自由です。
posted by KUSFA at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新入生向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする